規 約

 

第1章 総 則

(名 称)

第1条

本クラブは、生野ベースボールクラブ(略称「I.B.B.C」と称し)以下「I.B.B.C」と称す

 

(事務局)

第2条

本クラブ「I.B.B.C」の事務局は、大阪市生野区桃谷4-10-17に置く

 

(連盟の加入)

第3条

本クラブ「I.B.B.C」は、全日本少年硬式野球連盟(以下「ヤングリーグ」と称す)に加盟所属する

 

2 目的及び事業

(目 的)

第4条

本クラブ「I.B.B.C」は、少年硬式野球を通じ、部員相互の融和と協調、心身の健全な育成、野球の技術向上を図り、すべての物事に対して調和の出来る人間形成の育成を目的とする

 

(事 業)

第5条

本クラブ「I.B.B.C」は、前条の目的達成のため次の事業を行う

(1)全日本少年硬式野球連盟「ヤングリーグ」主催の各大会に参加すること

(2)大阪第一支部所属の各チーム主催の大会に参加すること

(3)府県支部所属の各チーム主催の大会に参加すること

(4)本クラブ運営に関すること

(5)その他、「I.B.B.C」の目的達成に必要な事項

 

3章 組織及び役員

(組織の構成)

第6条

本クラブ「I.B.B.C」は、次の者をもって構成する

1、部 員  硬式野球を愛し、保護者の承認を得た小学生で、当クラブの趣旨を理解し、役員が面接・入団を認め許された者

2、保護者  部員の保護者

3、指導者等

4、役 員

 

(役 員)

第7条

本クラブ「I.B.B.C」に次の役員を置く

代表1名、副代表若干名、事務局長1名、会計1名、監督 各1名、コーチ若干名

 

(役員の選出及び解任)

第8条

1、本クラブ「I.B.B.C」の役員は次のように選出する

①代表、副代表は役員会で選出し、役員会の承認を得る

②事務局長、会計、指導者(監督)は代表が指名委嘱する

③コーチは監督が推挙し、役員会の承認を得る

2、本クラブ「I.B.B.C」任期中の役員が「I.B.B.C」の名誉を毀損し、または主旨・目的に反して会務に不誠実なときは、役員会の議決により解任することができる

 

(名誉会長・顧問及び相談役)

第9条

名誉会長・顧問及び相談役は役員会にて代表が委嘱することができる

 

(役員の任務)

第10条

本クラブ「I.B.B.C」役員の任務は次の通りとする

1、代表は、本クラブ「I.B.B.C」を代表し、会務を運営統轄する

2、副代表は、代表を補佐し、代表に事故ある時はその職務を代行する

3、事務局長は、本クラブ「I.B.B.C」の運営に関する事務全般を処理する

4、会計は、会費を管理し、必要に応じこれを報告する

5、指導部(監督・コーチ)は、チーム全体の活動と運営を統轄し、選手の健全な教育及び野球技術の指導にあたる

6、コーチは監督を補佐し、指示に従い指導にあたり、監督不在時は代行する

 

(役員の任期)

第11条

本クラブ「I.B.B.C」役員の任期は2年とする。但し再任は妨げない。補欠により就任した役員の任期は、前任の残存期間とする。尚、離任または任期終了の時でも後任者が就任するまでは、その職務を遂行しなければならない

 

第4章 入退団・休部及び除名

 (入 部)

第12条

本クラブ「I.B.B.C」に入団する小学生は、父母同伴で役員と面接し、当クラブの趣旨を理解し、適性と認めた小学生に最終、代表が入団決定を出すものとし、入部届を提出しなければならない

 

(休 部)

第13条

本クラブ「I.B.B.C」を休部する小学生は、休部届を提出しなければならない。その承諾を得られた時から3ケ月休部とする(但し、その期間の会費は免除とする。これらのことがない場合は退部とする)

 

(退 部)

第14条

本クラブ「I.B.B.C」を退部する小学生は、退部届を提出さなければならない。なお、本クラブを退団した小学生は全日本少年硬式野球連盟「ヤングリーグ」所属の他チームに加入することは出来ない(但し、転校その他やむを得ない理由と代表が認めた場合により移籍できる)

 

(除 名)

15

本クラブ「I.B.B.C」の小学生及び保護者が、全日本少年硬式野球連盟「ヤングリーグ」または本クラブ「I.B.B.C」の名誉を傷つけ、本クラブの規約及び趣旨に違反する行為があった場合は除名する

 

第5章 会議・総会

(会議の種類)

第16条

1、本クラブ「I.B.B.C」に次の会議を設ける

(1)定例役員会 チーム運営の円滑を図るための会議を開催する

(2)指導者会議 指導者等の会議は、野球技術の向上及び入団希望者の入団可否その他について臨時に行う

(3)総  会  年2回毎年開催し、代表はチームの運営に関する重要な事項を報告する

(4)臨時総会  代表及び指導者等が臨時に総会を開催することができる

2、上記会議には、代表がその必要を認めた時は、名誉会長・顧問・相談役・後援会長が出席することができる

 

(定例役員会)

第17条

本クラブ「I.B.B.C」定例役員会は、次の理事・役員・父母会役員をもって組織する。代表・副代表・事務局長・会計・MG・指導者(監督・コーチ)・父母会長・父母代表をもって組織する

 

(役員会の決議事項)

第18条

次の事項は、役員会の決議を経なければならない

(1)予算・決算の決定及び承認

(2)事業計画及び事業報告の決定及び承認

(3)第22条(1)から(5)・(8)に伴う費用徴収の決定及び承認

 

(議 長)

第19条

役員会・総会の議長は、代表がこれに当たる

代表が欠席時の時は、あらかじめ役員会の定める順序により他の役員がかわる

 

(役員会の議決)

第20条

役員会は、構成人数の過半数をもって成立し、議決は、出席者及び委任状の過半数の同意をもって決し、賛否同数の場合は議長がこれを決する

 

(その他)

21

チーム行事として、初祈願・親睦会・卒団式・卒部式・納会・OB会などがある

 

第6章 会 費

(会費等)

第22条

本クラブ「I.B.B.C」に入部するものは、本会の目的に賛同し、次の会費等を納入するものとする。また、納入した会費等は、いかなる事由においても返金はしない

(1)入会金 5,000円

(2)月会費 6年生~3年生 5,000円 1・2年生 3,000円

(3)父母会費 月1,000円

(4)大会運営寄付金 本クラブ主催の大会運営寄付金として徴収するこができる

(5)特別費 遠征費・行事費など必要最低費を徴収することができる

(6)連盟選手登録費 1年間(途中入部者も同じ)2,500円 

(7)連盟障害保険 1年間 3,000円(途中入部者は月割)

(8)日刊スポーツ協賛金 1年間 1,600円(途中入部者も同じ)

 

(会計年度)

23

本クラブ「I.B.B.C」の会計年度は毎年41日から始まり翌年331日までとする

 

7章 慶弔・見舞

 (省略)

 

8章 保護者・父母会

 (保護者心得)

第32条

本クラブ「I.B.B.C」部員の保護者は、自分の子供だけを考えずに、チーム全体の保護者であること。又、保護者は当クラブの趣旨を理解し、感謝・奉仕精神にのっとり、父母会の一員として選手のバックアップ、当クラブの運営全般に協力をし、自分本位の言動、行動及び父母同士の噂話・中傷などまた役員・指導者に対する批判・中傷などもしてはいけない

 

第33条

役員・指導者に対して、父母は接待・中元・歳暮等などを授受してはいけない

 

(父母会役員)

第34条

本クラブ「I.B.B.C」の運営協力を円滑に行うために次の役員を置く

(1)会長 1名

(2)副会長 若干名

(3)父母会会計 1名

 

(父母会役員の選出・任期)

第35条

父母会役員の選出と任期は次のとおりとする

(1)父母会役員の任期は1年とする。なお、役員の再任は妨げない

(2)会長は役員会の承認をもって決する

(3)副会長・会計は会長の推挙により、役員会に報告のうえ決する

 

(父母会役員の職務)

第36条

父母会役員の職務は次のとおりとする

(1)会長は、父母会を代表しチームの趣旨を理解し、会務及び父母の統括をする

(2)副会長は、会長を補佐し会長に事故があるときはその職務を代行する

3)会計は会長または父母代表管理のもと、父母会費の収支・管理をする

 

9章 傷害保険及び事故の責任

(傷害保険)

第37条

本クラブ「I.B.B.C」の部員は、全日本少年硬式野球連盟「ヤングリーグ」のゼロワン保険と本クラブが義務付けているスポーツ傷害保険に加入しなければならない。(第6章第22条(7)・(8))

 

(事故の責任)

第38条

本クラブ「I.B.B.C」の部員は、集合場所への移動中・練習中・指導中・試合中・チーム移動中に生じた事故については、当クラブが加入する傷害保険契約に基づく保険金を適用する

その損害の補填に当てることに同意し、当クラブ役員・指導者等個人より補償は一切行わないものとする

 

10章 雑 則

◆ 平成20331日 役員会にて承認

♦ 平成26年1月31日 中学部廃部により一部内容を改定する